人物

黒田清子さんのティアラの値段は?ブランドはどこで所有者は誰?

20歳を迎えた天皇、皇后両陛下の長女愛子さまが成年行事で着用されたティアラがとても綺麗で素敵でした。

ティアラは女性皇族の成年行事に伴い、新調されるのが慣例となっているのですが、愛子さまは借用することを選ばれました。

コロナ渦で国民の生活や経済が影響を受けていることに配慮され、ティアラの新調を見送られたんですね。

今回、愛子さまがティアラを新調せずに黒田清子さんから借用するということで、ティアラについて話題になりました。

女性皇族の方の白いロングドレスにティアラ姿を何となく見ていたけれど、ティアラが成年行事を迎える時に個人ごとに作られることを初めて知った方も多いのではないでしょうか?

その値段にも驚いた方もいますよね?

そこでこの記事では、愛子さまが着用されたティアラについて、『黒田清子さまのティアラの値段は?ブランドはどこで現在の所有者は?』と題し、お伝えしていきます。

黒田清子さんのティアラの値段は?

愛子さまが借用された黒田清子さんのティアラの正式な値段は公表されていませんでしたが、約3000万円くらいではないかと考えられます。

愛子さまは、天皇皇后両陛下の長女であるため、眞子さんや佳子さまよりは格上のティアラを着用されるのではないかということから、値段を推測しています。

橋本寿史解説委員:
黒田清子さんは、上皇ご夫妻の長女でいらっしゃる。(上皇ご夫妻が)天皇皇后両陛下時代の長女でいらっしゃる。そして今の両陛下の長女でいらっしゃる愛子さま。立場もそういうような形で同じことになりますので。黒田さんのティアラをお借りするのが一番ふさわしいとお考えになったのではないでしょうか。そういった意味では眞子さんや佳子さまよりも格が上のような形でのティアラをつけられることになる。

引用元:FNNプライムオンライン

 

眞子さんと佳子さんのティアラのブランドと値段は、以下のようになっています。

小室眞子さんのティアラのブランドと値段


11年に成人を迎えた秋篠宮家の長女小室眞子さんのティアラは、和光で約2900万円です。

佳子さまのティアラのブランドと値段

秋篠宮家の次女佳子さまのティアラは、ミキモトが約2800万円で落札しました。

佳子さまの時は、宮内庁が専門家でつくる審査委員会を設置し、デザインを含めた提案を受けて決められました。

黒田清子さんのティアラはどこのブランド?

黒田清子さんのティアラは、宝飾ブランドミキモトが制作しました。

華美すぎないとても品のあるデザインで、愛子さまと黒田清子さんの雰囲気にとってもお似合いです。

皇族女性のティアラの所有者は誰?

愛子さまが着用されたティアラの所有者は、黒田清子さんです。

しかし、成年行事に新調されるティアラは、公の場で着用されるため、費用は皇室の公的活動などに充てる「宮廷費」で賄われるのが一般的で、所有者はあくまで国です。

そのため、結婚して女性皇族が皇室を離れる際には返還されます。

しかし、黒田清子さんのティアラは天皇家の私的活動に使う「内廷費」から賄われたため、黒田清子さんの所有物となっています。

それで、今回愛子さまは黒田清子さんから借用する形となりました。

黒田清子さんの両親である上皇ご夫妻の、ティアラをずっと娘がもっていられるようにとの愛なのかもしれませんね。

黒田清子さんのティアラまとめ

愛子さまが成年行事で着用された黒田清子さんのティアラについてお伝えしました。

黒田清子さんのティアラの正式な値段は公表されていませんでしたが、約3000万円くらいと推測されます。

繊細で品のある素敵なデザインのティアラでした。

今回、ティアラを新調せずに借用するという国民を思われる愛が嬉しかったですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。